不妊治療で赤ちゃんがやってくる~授かるまでの道筋~

補助について

患者

不妊治療を受けるときには補助制度を利用することによって、費用をできるだけ少なくするこtごあできるのです。補助は病院によってそれぞれ違うので、条件などもしっかり確認しておきましょう。

詳細を確認する

妊娠しやすい体を作る

妊婦さん

病院で行なう不妊治療も、大きな成果を残してくれますが、タイミング療法を使うなら体作りが先決になります。医師の指導で改善していけば、自然と可愛い赤ちゃんが授かれるでしょう。

詳細を確認する

方法は様々

不妊治療をするいろいろな方法

看護師

不妊治療は女性だけの問題ではありません。男性の精子の数や運動量が低下していることも原因の一つです。さらに男性の性行動への思いの変化からあまり積極的ではないと報告されています。 不妊治療は病院にいき精子と卵子を体外受精させ、母体に戻し育てるという方法が一般的です。 しかしこの方法は費用が高く、成功率も高いものの何回行っても失敗する方もいます。 不妊治療の他の方法としてホルモンバランスを整えることや健康食品を使い健康保持をすることにより正常の状態に近づけ、受精を促す方法もあります。 こちらの方法は健康になり、自然受精を目指す方法ですので費用も安く、また男性と一緒に生活をしている方であれば男性の精子の状態もよくなる可能性があります。

治療に関する価格変動

最近では高齢出産が増えたため、若いときに卵子を保存しておくという方もいます。卵子の保存も年単位の更新ですが、比較的安価で可能です。しかし冷凍保存した卵子であるため、元々のものより質が低下する問題があります。つまり受精しにくいです。 男性も同じように精子を保存できます。精子はタンパク質であるため一度解凍すると壊れるものもあります。男性の場合大人であれば、年齢に関係なく精子を作ることができるといわれているため、無理に冷凍保存する必要はありません。 ただ不要な精子が壊れるため、本当に強いものだけを選別、濃縮できるメリットもあります。 不妊治療の価格は低下してきています。需要が増えたことと冷凍保存をすると必然的に体外受精が主流となるため、割引を受けることもできるためです。

他にも方法はある

医者

不妊治療の1つとして行われるタイミング法は、自然妊娠を呼ぶ方法です。ただ、それでも授かれないなら別の方法を使う他ありません。医師と良く相談をし、自身にあった治療を見つけていきましょう。

詳細を確認する